88夜

水彩部

前から企んでいたのですが、たまに(ネタに困ったりしたら)水彩部で描いた絵を載せていこうと思います。


あ、今回はネタ切れだからではありません。

本当です。


さて、初回なので水彩部の紹介を少々。

水彩部は全学のサークルで、まったりと水彩画を描くサークルです。
水彩「部」だけどサークルです。

水彩画とは、水彩絵の具を用いた絵のことで、水彩部は水彩絵の具を使うこと以外は基本自由です。

普段の活動では、部長が何かしらテーマを決めて、そのテーマをもとに絵を描きます。
スマホなどで画像検索をかけて、適当な写真を選んでそれを見ながら描くことがほとんどです。

今回の活動のテーマは「虫」でした。
そんなテーマのもと出来上がった作品がこちら。





何を描いたかわかりますかね…

コガネムシです。
あ、わかっていただけました?
うれしー。

活動で、ごくまれに満足のいく絵が描けるのですが、これは自分の中では頑張ったほうです。
…あれ、改めて見たらそうでもなかったです。



医学部の部活だけじゃなくて全学のサークルにも入っておくと、全学の友達も増えるのでおすすめです。

ただ時間がなくなるためバイトに入りにくくなることなどは覚悟が必要かもしれないです笑

スポンサーサイト

筆箱

私の筆箱は、見た目以上にたくさん筆記用具が入ります。
もう一本蛍光ペン入れときたいなーなどと思っては筆箱に放り込んで、それでもちゃんと閉まるので最近少しずつ中身が増えてきていました。

学校で休み時間に寝ていたら、友達が私の筆箱の中身を出して遊んでいたのですが、筆箱の容量が大きい故に無駄な文房具が色々出てきました。

その1
・シャープペン(ピンク)
・シャープペン(水色)
・シャープペン(黄緑)
・シャープペン(紫、クリップ部分が折れている)
・シャープペン(赤、ノック部分が微妙に壊れている)

なんとシャープペンが5本も入っていました。
こんなに入っていたのかと自分でもびっくりです。
こんなに使わないでしょと言われましたが、その通りです。


その2
・カッターナイフ

きっと何か作ったあとにそのまま筆箱に入れてしまったんですね。
このカッターを使って最後に何をしたか覚えていないです。
ペンと同じくらいの細いタイプだったので筆箱に入れていてもかさばりません。
だからといって入れておくなよって話です。

その3
・定規

これは無駄なものではないのですが、最近どこ行ったんだろうと筆箱を探していた記憶があったのにまさか筆箱に入っていたとは。
どんな探し方をしていたのでしょうね。


その4
・ボールペン(サラサ)黒0.5
・ボールペン(サラサ)黒0.4
・ボールペン(サラサ)黒0.3

なんとサラサの黒だけで3本もありました。
なぜ3種類の太さのものを持っているかというと絵を描くときに様々な太さのペンが欲しかったためなのですが、なぜそれを3本とも学校に持ってきていたのかは私が聞きたいです。


その5
・万年筆

高校卒業のときの記念品。
家に置いてあったつもりが間違えて入れてきてしまったらしい。


その6
・ボールペン(サラサ)グレー0.4

グレー。
正直使いどころないです。
なんで入ってるんだか。


…このような感じでずいぶんたくさんの文房具が入っていることに気づきました。
これだけ入れてちゃんと閉まっていたのが不思議です。


学校に持ってくるのに無駄なものがありすぎたので整理したら中身がかなりすっきりしました( ̄∇ ̄)

あと、これだけたくさん入っていたのに需要のある赤ボールペンが行方不明になっていたりしました。
どうやら家に忘れてきたようです。

以上、筆箱の話でした。



(おまけ)
その7
・アマガエルのストラップ(緑)
・アマガエルのストラップ(青)

やけにリアルなアマガエルのストラップ。
ところどころ表面の色がはげていて若干不気味。
金具が壊れてしまってストラップとして使えなくなってしまったもののわかりにくいところにしまっちゃうのもなあと筆箱に住まわせている。
筆箱整理後も住み続けるもよう。



けんちょーしょざいち

連休終わるのあっという間でしたね。
水彩部の絵描いて医バド2年全員でキャンプ行ったらGW終わってました。
キャンプ楽しかったです(*^^*)


連休が明けておととい、1週間ぶりにバイトに行ってきました。
いわゆる塾講で、中学生を教えています。
その日は、ある生徒が県庁所在地のテストのために暗記をがんばっていました。
私じゃない別の先生が、その子に問題を出していたんですね。
「北海道」「さっぽろ!」
「岩手」「わかんない」「盛岡ね笑」
「じゃあ栃木は?」

栃木。…栃木?
やばい。
わからない生徒をほほえましく見ている場合ではありません。
私もわからない。


私、死ぬほど社会が苦手なんです。
中高と社会が足を引っ張りまくり、大学入試では社会どれもできないから理系が多く取る地理を選んだもののセンターで目標-20点くらいの酷い点を叩き出した、あなた本当に大学生?ってレベルに社会ができない人なんです。

今までも、生徒が歴史のワークを解いていたときなどに質問されたりして、あーごめん私社会ほんとにできないんだわーなどと言ってきました。

しかし今回はさすがに一般常識レベルなのにすぐ出てこなくて本当にショックでした。
答えを見た隣の生徒が私に「あーこれはわからんよ( ̄∇ ̄)」と言って微妙にフォローしてくれました…

その後もいくつか忘れていた県庁所在地があってかなり焦りました(-_- )

…一般常識くらいは覚えておきたいものです。
改めて自分の社会のできなさを痛感した出来事でした。


躑躅

ツツジです。こんな字書くんですね。
書けないし読めないです。

ツツジの咲く季節になりました。
ツツジってこんな時期でしたっけ。
かなり昔、雨の日にツツジの花で遊んでいた記憶があるので梅雨の時期かなあと勝手に思ってました。

今、いつも通る道の植え込みのツツジがめっちゃ咲いています。
ツツジって、咲く時期になるとこれでもかというほど咲きますよね。
きれいです。きれいなんですけど、個人的には咲きすぎでないのと思ったりします。

完全に私の偏見なんですけど、ツツジの花と葉のバランスってあると思うんです。

花:葉
0:10→一年中見慣れた風景
1:9→暖かい季節になってきたなと思う
2:8→まだちょっと花が寂しい
3:7→花が増えていくのが楽しみ
4:6→花が増えてきたがまだ葉のほうが目立つ
5:5→なかなかよいバランス。もうちょっと花が増えてもよい
6:4→絶妙なバランス!花と葉の一体感が楽しめる
7:3→花多めで綺麗
8:2→花咲きすぎじゃない?
9:1→ここまでくると逆に葉が目障り
10:0→葉など元々無かったと言わんばかり。もはやこういうものとして美しいと思う

こんな感じでしょうか。花と葉の両方を楽しむなら6:4くらいが個人的には良いと思います。
たくさん咲いているのももちろんきれいですけどね。

ただ、ひとつ言いますと、よく見る植え込みのツツジは3色(濃いピンク、薄いピンク、白)あるんですが、薄いピンクのツツジは花の中心部の色が濃く目立っていて、花ひとつだけで見るときれいなんですがあれが集まるとなんか見た目が怖くなるんですよね。
花が8、9割になってくるとみるたびにあっ怖いって思います。
だからめっちゃ咲いている最近はちょっと怖いです。


※最初から最後まで、あくまで個人の感想です。